オフィスの移転などで不用品を大量に処理する方法

不用品処理は計画的に!

オフィスの移転や部署の統廃合で発生する不用品処理を行うのにまず必要なのは「不用品処理計画」です。
「いやいや、さっさと不用品回収業者をよんで、不用品を回収してもらえば良いのでは?」と思ったアナタ、あなたの机にある社外秘の書類も回収してもらいますか?個人情報満載のファイルは?
他にもメーカーなら開発資料などの、決して社外に出せない資料も多いと思います。
そのため「不用品回収計画」は各担当者が責任をもって社外秘の物をどこ変え移すなり、シュレッダーにかけることを計画したり、各部署で不用品を選定してもらうところから始めます。

不用品回収で一番手間のかかるのは「不用品か必要な物かの判別」なので、それは全員の協力を得て計画的に行いましょう。

業者の選定は資格を確認するべし!

オフィスの不用品回収は業者の選定も重要です。
なぜならオフィスでも様々な物が不用品として発生しますが、その中に産業廃棄物がある場合、回収する為には産業廃棄物収集運搬の許可をえている業者にお願いするしかないからです。
信頼のおける不用品回収が取得してる資格についてご紹介いたします。

まず事業者の不用品を取り扱うのに必要な資格は「産業廃棄物収集運搬許可、または事業系一般廃棄物収集運搬許可証」で、これらの資格を有していない業者は事業者の不用品を回収する事が出来ません。
また、不用品として回収を依頼する前に、買取を依頼したいなら「古物商許可証」を有しているかホームページなどで証明書や認定番号を確認する事をお勧めします。