不用品処理は事前準備と見積もりが重要

不用品回収にもピークがある

不用品と必要な物を分けて、必要な物の移動が終わり、オフィスには大量の不用品だけが残っていて、あたなたは良さそうな不用品回収業者を見つけて依頼をするだけ、依頼の電話をかけてみると「すいません、その時期は不用品回収の依頼が多くてその日は無理なんです」と言われてしまうトラブルは意外に多いようです。

実は不用品回収業者の繁忙期と言われる時期がありまして、その時期は入学、入社、転勤などが多い3月、4月は引っ越しに伴う不用品回収の依頼が多いのと、オフィスの移転も多い時期なので不用品回収業者のも忙しいようです。
また、年末の大掃除の時期にも家庭や企業から大掃除の機会に処理しようと不用品回収依頼が増加するようです。

もしオフィスの移転が春先か年末なら、かなり早めに不用品回収の予約を入れておくことをオススメします。


不用品回収の費用は見積もりしだい

オフィスの移転などに伴う大量の不用品回収の際には必ず現場で不用品回収業者の方が見積もりを行います。
その際に見積もりを安く済ませる注意点をご紹介いたします。

まず見積もりを安くするには不用品の判別や分別を行っておく事を行っておくことです。
不用品の回収費用は作業人数、作業時間、トラックの台数などで価格が変わりますが、回収費用を抑えるには作業時間を短縮する事が重要です。
そして回収作業で一番時間がかかるのは不用品の判別や分別作業だと言われています。
そこで不用品をなるべく分別して同じ種類の物は一か所にまとめておきましょう、また不用品と必要の物が同じ場所にあってもテープなどを張って不用品に目印をつけておくことで回収時間の短縮になり、ひいては回収価格を抑える事につながります。